PCの仮想化技術

2019年3月4日

自宅のサーバーは仮想PCで構築しています。

仮想PCというのはPC自体をソフトウェアで模倣する技術です。

一時期流行ったファミコンをPCで動かすエミュレータのパソコン版みたいなものです。

サーバーを仮想化することのメリットは、サーバーを増やしたい時にすぐに簡単に増やせることです。

物理PCで運用している場合、サーバーを増やすのは手間とお金がかかります。
PCを作り、配置して、配線して、OSを入れ、設定します。
仮想PCではそれが、全てソフトウェア上で行えます。

なので、気軽にサーバーを増やせます。
ちょっとしたテストには大変便利です。

今まで使っていた仮想PCのための物理PCが非力になってきたので、新しくPCを新調しました。またPCのエミュレータソフトもVMwareのESXiに変更しました。

これで、サーバーがどんどん増やせます。

ではでは