『VDC vol.1』

最近週末はサイクリングに出かけてばかりですが
この週末は久々にアイドルの対バンライブに行ってきました。
(サイクリングにも行きました。)

ボーカルとダンスに着目し、フリーマガジンやウェブサイトを展開する「VDC」初主宰のイベント
「Vocal & Dance Collection Vol.1」
夜の部であるsoiree公演に参加しました。
出演者は
大阪☆春夏秋冬、callme、転校少女歌撃団、フィロソフィーのダンス、Fullfull☆Pocket、OnePixcelの6組。
どのグループもダンスや歌に定評のあるグループばかり!
各グループ持ち時間30分で¥2,500ととてもお得なイベントでした。

トップバッターはFullfull☆Pocket。
前身のからっと☆時代は何度もみたが事あったので
「かわいい」というイメージが強く
正直他のグループと比べると
今回のイベントのコンセプトに合わないんじゃないかな?と思っていました。
(ボーカルは生歌でハモりもあってからっと☆時代からかっこよかったですが、、、)
しかしステージが始まると
からっと☆の面影もなく、まったく違うグループになってしまったのかな
と思ってしまうほどダンサブルな曲を立て続けに披露していて驚きました。
盛り上げ方も上手くて
最初は会場前方だけが盛り上がってる様子だったのが
曲中にばんばん煽りを入れていて
中盤以降はフロア全体が盛り上がっていたのではないでしょうか。
もうあの頃のグループじゃないのか、、、と
少し寂しく思っていたところにはじまった
「おひさまスプラッシュ!」

あぁ、やっぱりこういうかわいらしい雰囲気の曲がとっても似合う!
しおりちゃんのパフォーマンスの成長半端ない!超アイドル!
そんな事を考えながらみていたのですが
それもそのはず。
私が最後にからっと☆みたのはしおりちゃんのお披露目ステージでした。
2年は大きいですね。。。
こちらのブログによると厳しいボイトレを日々こなしているとか。
基礎レッスンがしっかりしているグループは成長がみれるから楽しいです。
私の中でFullfull☆Pocketが再浮上してしまいました。

相変わらずMCぐだぐだなOnePixcel。
パフォーマンス中とのギャップが激しいけれどそれが味。
最近個人的にどはまり中の「TONDEKE」もきけて大満足のステージでした。

ワンマンライブでは生バンド編成でライブを行っているのですが
OnePixcelの楽曲はVJ映像背負ってパフォーマンスしたらかっこいい!と
常々口に出していたので
今回のステージでそれが叶って、OnePixcelの新たな楽しみ方が増えました。

今回の私の一番のお目当てはフィロソフィーのダンス。
TIFで初めてパフォーマンスを生でみたのですが
やっぱり良い。
アイドルらしくないパワフルな日向ハルのボーカルと
艶やかな奥津マリリのボーカルをメインに
4人の歌声が合わさった楽曲がとにかく良いです。
中毒性のあるメロディーと言うのでしょうか。
身体が自然と動いてしまうような曲ばかりです。
楽曲厨じゃないのでうまく表現出来ないのですが
そんな楽曲厨じゃない私が楽曲が良いと推せるアイドルです。
正直最初に興味を持ったのは
おとはすこと十束おとはちゃんの画像がtwitterに流れてきたのがきっかけです。
おとはすかわいいです(◜௰◝)
かわいいおとはすの歌声も中毒性が高いと思っています。
ここ最近私の作業用BGMは
前述のOnePixcelとフィロのスを延々と流しています。
TIFではじめて聞いてどはまりした
「 LIKE A ZOMBIE」で今回を締めたいと思います。