仮面ライダークロニクル *53歩

こんにちはkaneiです。

昨日、録画していた仮面ライダーエグゼイドの最終回を視聴しました。

ライダーのデザインは終始微妙な感じでしたが、医療×ゲームがモチーフのストーリーは中盤~終盤に掛けて面白かったです。

作中で、「仮面ライダークロニクル」というゲームが発売されます。
プレイヤーが仮面ライダーに変身し、現実世界で敵キャラクターと戦うサバイバルゲームで、13体の敵キャラクターを倒せばラスボスが出現し、ラスボスを倒せばゲームクリアという仕組みです。

このゲームがかなりの鬼畜仕様でして・・・

・開始時にウィルスに感染、ゲーム病を発症してしまい、適切な治療が行われなければ戦わずとも消滅する
・プレイ中はゲーム病の症状が緩和する
・GAME OVERになると消滅
etc…

上記の鬼畜仕様はもちろんプレイヤーに事前説明されません。
その為、大勢のプレイヤーが犠牲になるのですが【ゲームをクリアすると消滅したプレイヤーが全員復活する】という情報が流れ、消滅したプレイヤーを復活させようと、その家族や恋人、友人などがゲームを開始しさらに犠牲者が増えるという悪循環に・・・

消滅したプレイヤーのデータは保存されており、復活できることは分かったのですが、最終回で復活の鍵となる「クリアの証」とともに運営管理者である檀正宗が消滅した為、復活しませんでした・・・エンディングでは今後データ化された人々の治療方法を探すという、前向きな感じだったのですが、完全なハッピーエンドではなかったですね。

次の仮面ライダーはビルドというのですが、主題歌が「Be The One」と聞いたので「!!」と思って調べてみたらGENERATIONSの「be the ONE」とは全くの別物でした。

『PANDORA feat. Beverly』というアーティストらしく、『PANDORA』は小室哲也さんと浅倉大介さんによる新ユニットで、Beverlyさんは女性シンガーで、先週末お仕事で行ったa-nationに出演されていました。
浅倉大介さんといえば、『access』でユニットを組んでいる貴水博之さんがエグゼイドでラスボス(檀正宗)でしたね。

次の仮面ライダービルドも楽しみです!!

kanei