植物。

こんにちわ、水曜担当のasaminです。

最近オフィスでは観葉植物を育てています。
「カラテア・ピンクスター」という植物なのですが、これがなかなか育てるのが難しいんです。
ブラジルなどの熱帯地方出身の植物なので寒さには弱く、乾燥にも弱いです。
日本の冬を越えるにはしっかり面倒を見てあげなくてはいけません。

始めに玄関に置いて育てていたら元気がなくなってしまったので、
暖かいところに移してあげよう!ということで暖房の下へ移しました。
場所を移してすぐは少し元気になったのですが、また元気がなくなってしまいました。

お水をあげたり葉水(葉に霧吹きでお水をあげること)をしたり、できることはやったのですがあまり元気は戻らず…
どうしたら良いのかわからず、お花屋さんに連絡して見てもらうことに。

結果としては、主に乾燥が原因でした。
頻繁にお水をあげすぎてしまうと根腐れの危険もあるし…と思ってお水を控えめにしていたのですが、暖房の下に置いてしまっていたこともありとても乾いてしまっていたようです。
土にもたくさんお水をあげ、しおれてしまった葉がまた立ち上がるように軽く縛ったり、対処してもらいました。
根っこは元気だし、新芽も出てきていたのでまた元気になりますよ!と心強いお言葉をいただき、再び気合を入れてお世話を始めました。

お水をあげる頻度も葉水の頻度も少しあげ、加湿器を目の前に置きました。
すると、翌日には少し元気を取り戻してきました!
毎日気にかけていたらまるで我が子の面倒を見ているかのような気持ちに…笑

始めはこんな風に垂れ下がってしまっていた葉も、

今ではこんな風に元気になりました。

模様も綺麗に見えていますね。

カラテアは「休眠運動」をする植物で、夜になると葉が閉じます。
しおれていた頃はこの休眠運動をする元気もなかったようで、常に垂れていました。
今では退勤する頃にはしっかり閉じるようになりました。

このまま元気に春を迎えて、葉を増やせるようお世話を続けたいと思います。