社内会議

2019年3月13日

今年の9月は雨が多いですねえ。なかむーです。

ワムハウスは毎週木曜日の午前中が社内会議となっています。

僕とえびさんは等々力ハウスという本社オフィスで、他のメンバーは尾山台ハウスという制作オフィスでそれぞれ働いている事が多く、普段みんなが揃うことがなかなかないので、とりあえず週イチくらいは全員集合して、仕事の事やプライベートの事などの報告会をしましょう、という事でやっています。

仕事の話は、僕から来年や再来年など未来の話や経営方針なども含めた業務全体の話をします。あとはみんなから通常業務の進捗報告を。

プライベートの話は、もうなんでもあり。アイドルのライブ行ってきた、彼氏と遊んできた、うなぎ釣ってきた、etc。
どちらかというと、こっちの方を重要視してまして、ウチのメンバーは特になんですが、こういう場をもたないと、自分の事を話す機会があまりないようで。

楽しいアイデアなんて、会議なんかよりも雑談から多く産まれるもんで、その雑談すらをどう「面白く雑談するか」は、普段からそういった会話をし慣れていないと、練習して出来るもんでもないです。

おしゃべりの数だけ、アイデアがある。

…いま思いついた名言です。笑

新人面接したり、現場で会う人たちと話したりすると「あーこの人、お話上手だなー」と感じる人がいます。

ウソかホントかわかんない事をペラペラとただおしゃべりするヤツじゃなく(そーゆー人も一発でわかるし、まったく信用しません)聞く側が飽きぬよう疲れぬよう、そして自分に興味が向くように、それを自然体で話す人→そーゆー人は、だいたいお仕事デキる人。

ちなみに僕は関西人なので、人と話す時は「いかにウケを取るか」を常に考え…否、もう考えずとも、DNA無条件反射レベルで、ボケてツッコんで笑を取って、が当たり前。
…それで相手の信用を得られるかはまた別問題なんだけど。笑
短い時間でいかに相手から興味を持ってもらい信用を得られるかは、そのおしゃべりにかかっていると言っても過言ではない!

それを鍛えるための社内会議だったりします。

おしゃべり、大事やで。