ゴースト *8歩

2019年3月8日

こんにちはkaneiです。

仮面ライダーが好きで、毎週欠かさず録画して観ているのですが「仮面ライダー ゴースト」がいよいよクライマックスですね!

第1話で主人公が死ぬという衝撃的な展開からもうすぐ1年になるのかぁ~

「仮面ライダー ゴースト」は、その名の通りゴースト(幽霊)をモチーフにした仮面ライダーです。
英雄のゴースト(宮本武蔵やエジソン、ベートーベンなど)と力を合わせて人々を守ります。

英雄のゴースト達は「パーカー」で表現されており、フォームチェンジの際には、ベルトからパーカーが出てきて、それを羽織る(憑依させる)と英雄の力を宿した姿になるというものです。
チェンジ後には、被っているフードを外すという一連の流れあって、そこがカッコイイんですよね!!

ただ、仮面ライダーが最終形態になってしまってから、英雄達の力を使用しなくなっているので、英雄達が空気過ぎて若干かわいそう・・・

アイテムのデザインモチーフには「眼」が用いられていて、ベルトは過去最高に不気味ですね・・・
主人公はベルトの中に眼魂(あいこん)という目玉のようなものを入れることで変身します。
他にもサングラス形状の武器があったり、敵側のライダーの変身方法が眼魂への点眼だったりします。

平成に入っての仮面ライダーでは、1作品中に複数のライダーが登場することが良くあるのですが、今回のゴーストでは3人登場します。
名前は「ゴースト」「スペクター」「ネクロム」で、お気に入りは「ネクロム」です!
白いボディに鮮やかな緑のライン、他の2体とは違って顔と肩周りの形状がカッコイイですよね!
変身前のアラン様のキャラクターも面白くてお気に入りです!!
途中、ヒーローやめてたこ焼き屋さんになるのでは!?と心配しましたね 笑

主人公は最後に生き返れるのか・・・最終回まで楽しめそうです!!

kanei