スゴイ人がやってきた!

2019年3月8日

9月になりました。なかむーです。

公式HP等でも発表しましたが、2016年9月1日、内野正仁さんがワムハウスの顧問として就任いたしました。

内野さんは大学卒業後、大手外資系企業で営業 並びに マーケティングに従事され、2005年に社員第一号として 世界最大手のエナジードリンク会社の日本法人立ち上げから関わり、大手コンビニエンスストアーを皮切りに、スーパーマーケットや自動販売機のチャネル開拓を行い 、日本にエナジードリンクカテゴリーを創出し ブランドを根付かせた方です。

2012年より同社代表取締役社長に就任、革新的でエキサイティングなマーケティング活動で日本の消費者に衝撃を与え、2016年5月に同社退社、そして本日9月1日よりワムハウス顧問に就任して頂きました。

内野さんとはかれこれ15年のお付き合いで、僕がこの業界に飛び込むキッカケになったイベント仕事のクライアントさんだった方です。

当時から色んなお仕事をさせて頂き、お話する機会も多く昔からよく飲みに連れて行ってもらっていました。

ダメなものはダメ、でもなぜダメなのかを明確に答えてくれる人。

決断力はピカイチ。そのスピード感もピカイチ。

責任は取ってやるから自由にやれ。そのかわり、オモロイ事やれよ、と背中を押してくれる人。

いたずらを思いついた子どもみたいに目をキラキラさせて、同時にとても深くて広い視野で仕事の全体像を見ているような人。

ハッキリ言って「こういう大人になりたい!」と憧れ続けた人です。

社外の、しかもきっと数あるお付き合いの中のたったひとつのイベント会社の、僕みたいな生意気な小僧に、まるで上司のように、そして兄貴のように、仕事の中で、あるいは酒を飲みながら、色んな事を教えてくれた大恩人でもあります。

某有名エナジードリンクを日本に持ち込み、「エナジードリンク」という言葉すらを産み出し、今やその商品名を知らない人はいないと思います。

社長に就任されてからも、誰も見た事のないイベントの数々を成功させ、元々雲の上にいるような人だったのが、11年の間に遠い宇宙にまで行ってしまったかのようで…なのにまったく変わらず「中村、メシいくぞ」と電話をくれる人なんです。

そんな内野さんも、今年5月末でその会社を退社され、つい先日、久々にゴハンを食べに行ってきました。

前に会った時は、社長業で大変そうな内野さんだったのが、約2ヵ月の夏休みを経て、久々に会った時はやっぱり、いたずらを思いついた子どもみたいに目をキラキラさせて、同時にとても深くて広い視野で、新しい仕事の世界を見られていました。

今まではただお話を聞いているだけだったんですが、今回、内野さんの新しいチャレンジにご協力させてくださいとお願いをしました。そして、ウチの会社の顧問をやって頂けませんか?とお願いしたところ、快く(あまりにもあっさりと笑)「うん、いいよ」とその場でお受け頂いた、というワケです。

とにかくスーパーアイデアマンの内野さん。その発想と行動力のスピード感についていくだけでも必死ですが、こんなすごい人と一緒にお仕事させてもらえる素晴らしいチャンスをめいっぱい活かして、僕も新しい世界にチャレンジしたいと思います。