横須賀美術館「自然と美術の標本展」

2019年3月6日

器やオブジェの作家さんの個展には よく行くのですが、お友達に誘っていただき久しぶりに美術館へ行ってきました。

ただ作品を見てまわるだけではなく、パソコンで沢山の虫の標本を選んで見れたり拡大したり動かせたり、自分が選んだ石を引出しに入れると 石が石の虫になって映像となりモニターから壁に飛び出したりと、直接作品に触れられ楽しめるコーナーもあり、子どもも退屈せず一緒に楽しめる美術展でした。

個人的に山本 彌さんの作品が気になりました。

まさに私が大学の頃 ファイバーアート(テキスタイル)クラスでつくっていた作品に非常に近いものを感じました。

調べてみると山本 彌さんもテキスタイルを美大で学ばれていました。
山本彌さんの作品を見ていると、自分が大学でつくっていた作品たちは、とても完成度が低かったなぁと改めて実感させられました。
今の私につくれるものは何だろう…、もっと私も ものづくりしたい!と色々と刺激を受けた1日になりました。